PR広告

  • インタビュー
  • 編集部コラム
  • 院長コラム

ピックアップ

ピックアップ

新着掲載

訪問マッサージとは

ご自分で治療院に通う事が困難な方や介助が必要な方(一人では出歩けない、寝たきりなど)を対象に、国家資格を持ったはり・きゅう・マッサージ師がご自宅まで訪問して施術するサービスです。

訪問マッサージは医療保険(療養費)の対象

訪問マッサージは医療上必要なマッサージなので、医療保険(療養費)の対象となります。これには筋肉の麻痺やしびれ、関節の拘縮などの症状がみられ、医師により自宅での医療マッサージの必要性が認められた方が対象となります。利用にあたっては主治医の先生に「同意書」を発行して頂きます。健康保険を適応致しますのでご利用者さまのご負担が1割負担の方で250~400円程度で受けることができます。
介護保険サービスとの併用も可能ですので通所・訪問リハビリテーションの補佐的なご利用の仕方もお勧めです。訓練後の疲労回復としても効果的です。

治療対象となる症状と主な病名

「一律にその診断名によることなく筋麻痺・関節拘縮等であって、医療上マッサージを必要とする症例」と国から通知されています。一般的には、脳梗塞や片麻痺のような脳血管障害等による半身麻痺、骨折や手術後の関節運動機能障害、関節リウマチ等、様々 な疾患による筋麻痺や関節拘縮が生じており「歩行困難」や「歩行不可能」(寝たきり等)な場合で、医師が必要認めた場合となります。

訪問マッサージにおける3つの効果

身体に負担をかけない訪問マッサージは患者さんにさまざまな効果をもたらします。

硬くなった関節を柔軟にし、血液循環の悪化を防止します。血液・リンパ循環や代謝を促進させて、むくみや床ずれの改善と予防をします。固くなった筋肉を緩めて、痛みやシビレを軽減させます。

起立、歩行、車椅子に移動するため等の訓練を行い、低下していく筋力を維持向上させます。また、姿勢を良くする訓練を行うことで、呼吸や飲食がしやすくなります。寝たきりの方であれば、衣服の着脱・トイレの動作・おむつ交換が楽になります。
病気になると不安になります。ましてや長く外に出れないなどの環境的要因が重なればなおさらです。訪問マッサージは施術師とのスキンシップやコミュニケーションを通し、精神的なケアにも効果的です。高齢者の方には痴呆の防止効果も期待できます。